トレチノインの副作用と静岡での治療

トレチノインの治療は、アメリカではFDAの認可設けていて問題のないものですが、もともとは工業用にも使われていたりしたほど強い成分なので、使い方を間違えてしまったらこわい副作用があることも忘れてはなりません。とくにトレチノインを内服薬として使用したときには、胎児に催奇形があるということが動物実験によって証明されています。もちろん人間には服用することが認められておらず、シミやニキビの治療に使うときにはトレチノインの成分を外用薬として処方してもらうことになりますが、あまりたくさんの量を使うのは避けなければなりません。もしもトレチノインの治療を受ける段階で妊娠をしていたり妊娠を希望している場合には、残念ながらこの治療を受けるのは避けたほうが良いです。妊婦さんだったら、出産を終えてからもういちど静岡などの美容皮膚科のクリニックに相談にいったり、妊娠中は美白パックや美白スキンケア化粧品でのお手入れにとどめておくようにしましょう。
催奇形というこわい副作用以外にも、強い成分ゆえの副作用は多く、お肌が赤くなったり炎症が起きてくることはよくあります。もともとトレチノインの効き方としてお肌をいちどこわしてからその再生力を利用してニキビやシミを排出させていくものなので、皮がめくれてきたり赤くなるのはある程度はしょうがないといえますが、あまりにひどくてヒリヒリしてトレチノインのクリームを塗るのもままならないいおうな状況になっていたら明らかな副作用であるため、その場合には使用を中止して静岡などお近くの美容皮膚科のクリニックの先生に診察してもらうようにするとよいです。静岡だと美容皮膚科が近くに見つからないときは、副作用の肌荒れの相談なら皮膚科でも十分です。